便利な住まいは収納スペースが多い!

住まいの中には眠っているバッグがたくさんあります。このバッグを整理と収納に使います。移動の出来る収納です。

Topics

住まいの収納にバッグを取り入れて

住まいの中で形の違うバッグ類は、収納に困るひとつに入ります。仕事や日常で使うバッグを除き収納ケースで保管していますが、出し入れするのは季節の変わり目とお出掛けの時ぐらいです。使われないバッグも多く、その中でトートバッグや少し大きめのバッッグは、収納グッズとして使っています。

A4サイズがすっぽり入るトートバッグは、書類の整理に役に立ちます。私は毎年確定申告をしますが、数年分の資料は全てこのバッグに入れておきます。最初は箱に入れたり引出に入れたりしていましたが、やはりこのバッグ収納が一番でした。必要な時に探す手間がなくなり、持ち運びにも便利でどこでも仕事が始められます。同じように家計簿等も筆記具や計算機をセットにして、一つのバッグに入れておけば便利だと思います。大きめのバッグには、趣味のものを入れています。ピンクッションを入れた菓子缶やたくさんの糸類、ボタンやビーズなどを入れた缶など、裁縫道具は大きさの違うものがたくさんあります。これらを一つのバッグに入れておきます。リビングでもどこでも仕事が出来、後片付けも簡単です。終わったら押し入れに入れておきます。同じように編み物関係もバッグを分けて収納しています。編み残しの毛糸やリボンなど、女性は捨てられないものがいっぱいです。

収納の極意は定位置と言われていますが、バッグ収納は整理と移動が同時に出来ます。そして気に入って求めたバッグに活躍の場がある事は、何と言っても嬉しい事です。

お役立ちサイト