便利な住まいは収納スペースが多い!

一戸建てなど住まいを建築するときに重要なポイントの一つとして収納スペースを挙げることができます。

Topics

住まいで重要な収納スペース

一戸建てを建設しようと考えている人のなかには収納スペースを充実させたいと考えているところも多いと思います。季節が変わるごとに衣類や冷暖房器具、さらには模様替えをするため、使わなくなったものを収納するスペースが重要となってきます。もしも収納スペースが狭いと生活エリアにも物が溢れ返ってしまうことになり、日常生活に支障が出てくるケースも増えてくるわけです。そのため、収納スペースの確保というのは、殊のほか重要なポイントとなります。でも、限られた設計のなかでは収納スペースを設けるのも難しいのです。そのなかで注目を浴びているのが屋根裏や1階と2階のスペースです。そこを物置部屋として空間を取る設計が増えています。

「そんなまどろっこしいことをしなくて3階を設ければいい」と思うかもしれません。しかし、3階を設けるには建設費だけでなく、3階を設けるには特別な検査や税金がかかります。その分だけ費用が上積みされてしまうので、大きな経済的な負担が圧し掛かってくるわけです。それ以外にも、自治体のなかには3階の建築そのものに規制をかけているところも多いです。そのため、3階部分を作るのが難しいため、屋根裏や1階と2階の空間を収納スペースと利用するケースが増えていると言うわけです。このように収納スペースが設けられている住まいであれば、季節の変わり目の衣替え・模様替えをするときでも収納スペースに困ることがありません。